販売促進ツールのポイント

チラシ/リーフレット
制作のポイント

「商品チラシを作る」となると、なるべく沢山の商品情報を詰め込みたくなりますよね。
気が付いたら「紙一面に文字と写真がビッシリ・・・と」、結果的に何を一番にアピールしたいのかが理解できないチラシになってしまった経験はありませんか。

チラシは主にA4サイズの紙で作るケースが多いですが、その限られたスペースに、「何の情報を、どのように表現すると良くなるか」の最適領域を導きだすことがポイントになります。

アピールしたい商品の「一番の特長は何か」、「誰にこの(商品)情報を伝えたいか(ターゲット/目的)」など、骨子にあたる内容をお客様の社内で協議し、チラシ制作の方向性を決めて頂くことで、円滑なチラシ制作ができるようになります。
ポイントをしっかり押さえた内容で、見込み顧客に発信する情報を取捨選択することも大切です。それが売れる商品チラシ作りへの近道にもなります。

「商品の一番の特長」などを弊社営業スタッフとのお打合せで教えて頂けましたら、その後はお客様に最適なチラシデザインのご提案から、印刷、納品までお手伝いさせて頂きます。

商品カタログ制作の
ポイント

「商品カタログ」と「売れる商品カタログ」のどちらを作りたいですか?
もちろん「売れる商品カタログ」ですよね。
商品カタログは「数ある商品写真と、それらの説明テキストを掲載すればOK」と思いがちですが、それだけでは商品情報を掲載した単なる資料になってしまいます。
「売れる商品カタログ」を作るためには、商品情報に加えて大切なあるモノが必要になります。

そのあるモノとは「売れる仕掛け」です。

商品カタログを制作する際に以下の情報を社内で協議し、おおまかなカタログ構成要素・枠組みを決めることでスムーズに「売れるカタログ作り」ができるようになります。

●カタログ構成要素の例
  • ・誰に向けて制作するか(見込み顧客は一般消費者向け?、企業向け?など)
  • ・各商品の特長(見込み顧客に何の情報を一番伝えたいか)
  • ・ブランドイメージ、コーポレートカラー等(の企業内外への統一したイメージ戦略が有れば)
  • ・おおまかなページ数など

上記項目の内容を弊社営業スタッフとのお打合せで教えて頂けましたら、
最重要ポイントとなる「売れる仕掛け」を織込んだ商品カタログ(デザイン)のご提案をさせて頂きます。

また新規製作以外で、「従来から商品カタログを作っているが、売り上げアップしない」や、「何が悪いかはっきり説明できなが、何とかしてうまく今のカタログを刷新したい」というお客様もお気軽にご相談ください。

会社案内制作の
ポイント

会社案内は取引先を開拓する時にたいへん重要な役割を担う営業ツールです。
社外で初対面の人に「自社の強み・信頼感・安心感」など好印象を与える紙面構成になるよう、情報をセレクトして掲載する必要があります。
「会社案内」と一言で表せる言葉でも、作りたい内容により紙面構成は変わります。次の2つのケースに大きく分類し、どちらの形態で作るかをまず最初に決めることで円滑な会社案内作りができます。

1. 会社概要のみを掲載するケース

もっともシンプルでA4サイズの4ページ(A3サイズ二つ折り)の基本構成になります。

●掲載する基本情報
  • ・理念
  • ・自社の強み
  • ・営業品目
  • ・会社概要
  • ・沿革

2. 商材情報も含めた構成にするケース

上記ケースの会社情報に加えて、取扱い商品、取扱いサービス等、個々の商材に関する情報を掲載して、営業案内寄りの会社案内として製作する形態です。
ページ数は商材の情報量によって決まります。

お客様のお望みの形態に合わせて、会社案内の企画・提案をさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。(人材募集の目的に特化した会社案内の製作も可能です)

  • 見開きの会社案内の例
    (キャプション有り)

  • 営業案内寄りの会社案内の例
    (キャプション有り)

  • (要すればリクルーティング用の会社案内の紹介)

催事のポイント

展示会などのイベントは、多くのお客様(見込み顧客)と直接会える絶好の機会です。
その一方で、同業他社も多数出展していますので、自社の出展ブースへ効果的に見込み顧客を誘導できるか否かがポイントになります。
そんな中、展示会後のレビューで次のような印象(課題)を感じてはいないでしょうか?

●展示会終了後の印象(課題)
  • ・出展ブースの装飾はそこそこ良いけど、来場者の反応が薄い
  • ・出展ブースに来場者は集まるが、そのうち見込み顧客の人は少ない
  • ・チラシや、カタログを数多く配布したけど、展示会終了後の反応が薄い

展示会出展後に上記の印象(課題)を感じている場合、展示会で使用している営業ツール(ポスター、POPやチラシなど)の打ち出し方の問題が可能性として挙げられます。現状を確認し基本構成や見せ方を変えることで集客アップにつながる場合が有ります。
展示ブースの装飾をはじめ、販促展開で使用するポスター、POPやチラシなどにも「見込み顧客が反応してくれる仕掛け」や、「集客の仕掛け」作りが必要です。

弊社では各種・数多くの販売促進ツール製作に携わっていますので、展示会で集客アップにつながる最適な営業ツールをトータルコーディネートさせて頂きます。
展示会は商材をお披露目する祭典でもありますので、見込み顧客獲得の機会として有意義なものにしたいですね。

Webサイトの
ポイント

企業ホームページ、ショッピングサイト、SNSなど色々なWebサイトがインターネット上に溢れ、「自社にとって最適なWebサイトは何か?」を正しく判断することが難しい時代になってきました。
一方でWebサイトは企業活動における営業ツールとしては必須アイテムにもなりつつある今、Webサイトをどう有効活用するかが、売り上げアップを左右するポイントにもなります。

「今のホームページが抱える課題わ分かっているが、それをどう対処していいか分からない」や、「検索エンジン対策(SEO)ってどうすればいいの?」といったご相談の他にも、「サーバーの手配はどうすればいいの?」、「独自ドメインってどうやって取得すればいいの?」など、全くの新規でWebサイトを立ち上げていくお手伝いもさせて頂きます。

Webサイトに関するニーズは様々です。お客様のご要望に合わせて柔軟に対応させて頂きます。お気軽にご相談ください。

●主なWebサイトに対するニーズの例
  • ・今のホームページをスマートフォン対応にしたい
  • ・商品ページにオリジナルの検索機能を付けたサイト構成にしてほしい(データベース)
  • ・今のホームページを社内で簡単にメンテナンスできるようにしたい(CMS利用)
  • ・商品アピールに特化した単独ページ(ランディングページ)を作りたい
  • ・ホームページ内の画像バナーや、テキストがクリックされた数を把握したい
  • ・今のホームページがどれだけ閲覧されているか調べたい
  • ・各種SNSを多用しているので、企業ホームページとうまく連動させたい
  • ・ECサイトにクレジット決済機能を追加してほしいなど(その他のお悩み事ありましたら、お気軽にご相談ください)

販促ツール制作の
ポイント

TOPに戻る

製作事例・お問い合わせ

製作事例